【2019年3月】最新WiMAXキャンペーンを徹底比較!3年総額が一番安いオススメプロバイダ

最終更新日

高速データ通信を利用可能なWiMAX(WiMAX2+)を検討中の方へ、キャッシュバックなどのキャンペーンを最大限活用してお得に契約するための最新情報を紹介します。

キャッシュバックを確実にもらうための注意事項なども紹介しているので参考にしてください。

最新更新情報

<2019年3月1日>

  • GMO キャッシュバック 32,000円 → 37,000円

 

<2019年2月1日>

  • GMO キャッシュバック 35,000円 → 32,000円

 

<2019年1月>

  • 各社のキャンペーン価格を更新

各社キャンペーンの特徴

本家 UQコミュニケーションズ

各プロバイダで契約することがどれだけお得か理解するために、まずはWiMAXの本家であるUQコミュニケーションズのキャンペーン内容を見ておきましょう。

速度や品質はどこでも変わらない

WiMAXを提供するプロバイダはいくかありますが、どこを選んでも回線は「UQコミュニケーションズ」が提供するものを使用しています。回線の速度や品質はどのプロバイダを選んでも変わりません

そのため各社の違いはキャッシュバックなどキャンペーンの違いのみとなります。

UQコミュニケーションズ本家のキャッシュバック


出典: UQモバイル公式サイト

こちらのページから申し込んだ場合限定で、最大10,000円のキャッシュバックを受けることができます。

ただし条件があります。

  • 指定した端末(W05/L01s)を利用すること
  • ギガ放題3年プランで契約すること
  • 4ヶ月目まで継続して利用していること

そのほか、料金支払いをクレジットカードに指定した場合、さらに3,000円のキャッシュバックを受けることができます。

こちらは端末の指定がありません。

費用の総額は?

プランに「UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)」を選んだ場合の費用をまとめると以下のようになります。

キャッシュバック 10,000円
事務手数料 3,000円
開始月※日割り 3,696円
月額料金
(1〜2ヶ月目)
3,696円
月額料金
(3ヶ月目以降)
4,380円
3年間総額 151,160円

※ギガ放題3年契約

以下ではUQコミュニケーションズ以外のプロバイダーのキャンペーンで費用がどのように変わるのか見ていきます。

GMOとくとくBB

GMOインターネットが提供するWiMAXサービス『とくとくBB』の価格を見ていきます。

キャンペーン特典として、キャッシュバックと月額割引の2種類から選択できます。

キャッシュバック特典の場合

キャッシュバック 37,000円
事務手数料 3,000円
開始月※日割り 3,609円
月額料金
(1〜2ヶ月目)
3,609円
月額料金
(3ヶ月目以降)
4,263円
3年間総額 119,965円

※機種WX05
※クレードル選択なし
※ギガ放題3年契約

月額割引の場合

キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
開始月※日割り 2,590円
月額料金
(1〜2ヶ月目)
2,590円
月額料金
(3〜36ヶ月目)
3,344円
月額料金
(37ヶ月目以降)
4,263円
3年間総額 123,171円

※機種WX05
※クレードル選択なし
※ギガ放題3年契約


GMOとくとくBBの評価

キャッシュバックと月額割引のどちらを選んだ場合でも、総額費用をかなり抑えることができます。

キャッシュバックの方が少しお得ですが、受け取り忘れのデメリットもあるため都合の良い方を選択しましょう。(※キャッシュバックの受け取りについては後述します)

 

▼GMOとくとくBBへ申し込む

BIGLOBE

続いて紹介するBIGLOBEも、キャッシュバックと月額料金割引の2通りから特典を選択することができます。

A.月額料金の割引特典

キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
開始月 0円
月額料金
(1〜2ヶ月目)
3,620円
月額料金
(3〜36ヶ月目)
3,620円
月額料金
(37ヶ月目以降)
4,379円
3年間総額 133,320円

※ギガ放題3年契約

B.キャッシュバック特典

キャッシュバック 30,000円
事務手数料 3,000円
開始月 0円
月額料金
(1〜2ヶ月目)
3,695円
月額料金
(3〜36ヶ月目)
4,380円
月額料金
(37ヶ月目以降)
4,380円
3年間総額 129,310円

※ギガ放題3年契約


BIGLOBEの評価

2通りのパターンがあるBIGLOBEですが、支払い総額でみるとキャッシュバックプランの方が若干お得になっています。ただしキャンペーンの時期にもよりますが、GMOとくとくBBよりは割高になることが多いです。

So-net

続いてはSo-netです。

こちらは月額料金の割引を大きく打ち出していますね。

月額料金

キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
開始月 0円
月額料金
(1〜36ヶ月目)
3,620円
月額料金
(37ヶ月目〜)
4,379円
3年間総額 133,320円

※ギガ放題3年契約

So-netの評価

So-netは他社と比べて非常にシンプルな特典となっています。

36ヶ月目まで月額料金が一切変動しないのは分かりやすいですね。

キャッシュバックのように特別な手続きも必要ないので、面倒なことが嫌いという人にとってはいいプロバイダです。

ただし3年間利用時の総額は、他のプロバイダーよりも高くなってしまいます。

BroadWiMAX

最後にチェックするのはBroadWiMAXです。

かなり安い月額料金が目に付きますが、どういう仕組みになっているのでしょうか。

月額料金

キャッシュバック 0円
事務手数料 3,000円
開始月 2,726円※日割り
月額料金
(1〜2ヶ月目)
2,726円
月額料金
(1〜36ヶ月目)
3,411円
月額料金
(37ヶ月目〜)
4,041円
3年間総額 125,789円
3年間総額
(オプション未解約)
176,427円

指定オプションへの加入必須
※ギガ放題3年契約
※安心サポートプラスを1ヶ月で解約した場合

BroadWiMAXの評価

かなり安く見えますが、指定オプションへの加入が必須となっているのでご注意ください。

  • 安心サポートプラス(550円)
  • MyBroadサポート(907円、最大2ヶ月無料)

この料金が月額費用に加算されてしまいます。加入後は解約も可能なので、不要な場合は忘れずに解約するようにしましょう。

また「WEB購入&クレジットカード払いで初期費用18,857円割引!」と宣伝していますが、他のプロバイダでは特にアピールすることもなく、初期費用を0円となっているので特にお得というわけではありません。

3年間の総支払額を比較!

WiMAXサービスを提供する5社についてそれぞれ紹介しましたが、結局どこがお得なのかは分かりづらいかもしれません。

各社とも3年間(サービス開始月+36ヶ月)利用した場合の総料金で比較してみました。

 

プロバイダ 3年総額
GMO(キャッシュバック) 124,965円
GMO(月額割引) 126,745円
So-net
133,320円
BIGLOBE(月額割引) 133,320円
BIGLOBE(キャッシュバック) 129,310円
BroadWiMAX 126,339円
(※176,427円)
UQコミュニケーションズ 151,160円

※日割りは15日分で計算
※ギガ放題3年契約
※BroadWiMAXは指定オプション解約した場合(下段はオプション込み)

 

 

キャッシュバックを含めると、GMO(キャッシュバック)が最も安いことが分かりました。

とにかくお得に契約したいということであれば、GMO(キャッシュバック)をおすすめします。

 

ただしキャッシュバックには受け取りを忘れるリスクがあります。

ややこしい手続きが苦手という方は、月額料金が安くなるGMO(月額割引)を検討しましょう。

WiMAX契約時の注意事項

キャッシュバックの受け取り忘れに注意

先ほどから何度か、キャッシュバックを受け取り忘れるリスクについてお話してきました。

「そんなことあるの?」と思われるかもしれませんが、これが意外と多いんです。

その理由は、キャッシュバックの受け取り方法の複雑さにあります。

今回の比較で1番お得という結果になったGMOを例に解説します。

GMOのキャッシュバック特典の内容説明には、以下のようなことが書いてあります。

  • 端末発送月を含む11ヶ月目に届くメールから手続き。
  • 届くメールアドレスは、GMOとくとくBBに入会する際に作るメールアドレス。
  • 期限は送信日から翌月の末日まで。


出典: gmobb.jp

キャッシュバックをもらえるのは契約してから11ヶ月目で、契約したころの記憶も薄れている可能性があります。

そしてGMOで作ったメールアドレスに届くため、普段別のメールアドレスを使っている人は、GMOのメールアドレスの存在すら忘れてしまっている可能性が高いこと。

このような理由から、キャッシュバックを忘れてしまう人は少なくありません。

確かにキャッシュバックはお得なのですが、リスクもかなりあるということを覚えておきましょう。

心配な場合は、キャッシュバック無しで月額料金が安いプロバイダを選ぶことをおすすめします。

クレードルは不要

Wimaxを契約するときに、必要かどうか検討したいのがクレードルです。

クレードルはこんな形の機器です。(以下はWX05専用クレードル)

出典: www.uqaccessoryshop.uqwimax.jp

クレードルには3つの機能がありますが、契約時にセットで購入するほどの価値はないと考えます。

その理由を解説しましょう。

充電機能

まず充電機能ですが、こちらはスマホのACアダプタを流用すれば問題ありません。

古いスマホのものが使えることがありますし、なかったとしてもAmazonで数百円で購入することができます。

Wi-Fiの強化

クレードルにはWi-Fiの電波を効率よく届ける機能があります。

以下の画像はその例です。

出典: gmobb.jp

しかしそもそも、Wimaxは広範囲に電波を届けるのに適したサービスではありません。

クレードルを使ったとしても、劇的に改善することはないでしょう。

有線接続

クレードルには、有線接続するためのLANポートがついています。

完全な無線より安定することは確かですが、そもそもWimax自体が無線の電波を拾うサービスであるため、どこまでその違いを実感できるかは微妙なところです。

有線接続をしたい場合であっても、AmazonでLANアダプタを購入すれば1,000円ちょっとで済みます。

 

まとめ:一番オトクなプロバイダは?

WiMAXを使うときに契約すべきプロバイダを比較検討してきました。

どのプロバイダーを選んでも速度や品質の違いはないため、キャッシュバックなどキャンペーンがお得なプロバイダーを選びましょう。

総額が最安のプロバイダ

キャンペーンでキャッシュバックを受け取り、3年間の支払額が最安となるWiMAXプロバイダーは『GMO とくとくBB(キャッシュバック)』でした。

キャッシュバックを受け取るには以下の専用ページからお申し込みください。

キャッシュバックなしで最安のプロバイダ

キャッシュバックは受け取りを忘れてしまう可能性がある方は、月額料金が最も安いプロバイダーを選びましょう。

こちらも『GMOとくとくBB(月額割引き)』が最安となりました。

月額割引を選ぶ場合は以下の専用ページからお申込みください。

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります

この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。


記事へのご指摘・ご意見はこちら